FC2ブログ

新潟鉄道記Ⅱ

写真雑誌、相つぎ廃刊

DSC_4178.jpg
1988年12月~1989年2月号にて掲載。

DSC_4176.jpg
鉄道ファンなどでも特集が組まれた赤鬼。こちらは1997年2月号

今年になって雑誌の廃刊が続いています。
写真関係の本が2冊。
月カメこと、月間カメラマン。
この本は5月に廃刊となっています。
若い人向けのカメラ雑誌でした。
サンニッパなどの憧れの機材を広く普及させた功績は大きかったと思います。
アイドルや航空、鉄道写真分野には力を注いでくれよく購入していました。
広田先生のトップアングル、3ケ月連続の時はしびれました。今も残してあります。
アマチュアの写真も取り上げてくれ参考になりました。

DSC_4182.jpg
アサヒカメラ最終号。

今月で休刊となるアサヒカメラ。
94年の歴史に幕が降ろされます。
昔は日本カメラ、アサヒカメラ、カメラ毎日と月刊誌が3冊出ていましたが毎日は先に廃刊になっていました。
最後と言う事で先日探して買ってきました。
どこも売り切れで急遽増刷が決まったそうです。
暫くするとまた店頭に並ぶと思いますので買いたい人はお楽しみに。
こちらは大人のカメラ誌という位置づけでしょうか。
近年は鉄道特集を1年に1回組んでいてその時は買っていました。
ネットで情報などは容易に得られる時代。価格ドットコムやデジカメインフォ等で口コミも多く上げられこれが参考となってくれます。
大きく影響したのが広告の減少だそうで後ろに毎回多くの中古カメラ屋の広告が出ていてこれが楽しみでした。
いつかはライカ、などと夢に見ていました。
銀塩の時代からデジタルになりカメラも高いといっても電化製品になってしまい年数の過ぎたものはアンティークとはならず消えていく運命でしょう。手を入れていけば何十年も使える機械式のカメラはフイルムが消えてスキャナーなどがなくなり回りから攻められて使いづらくなっていきました。今も使うにはお金が掛かりすぎます。
魅力があっても使わないカメラに高額な投資はできないのが現実でしょう。
長岡にも中古屋さんがたくさんありましたが現在はすべて消えています。広告が減るのもわかりますね。
しかし写真などはやはり印刷してナンボ、という感覚はいまだに強いです。
魅力あるグラフなどはページをめくる手が目よりも先に動いてしまいます。この感じは印刷ならではのものですね。
これ以上のペーパーレスが進まないことを願うこの頃です。
  1. 2020/06/25(木) 21:22:14|
  2. ご案内
  3. | コメント:2

佐藤健さん著 おでかけ江ノ電

DSC_3707.jpg

健さんがまたまたやってくれました。
江ノ電の新刊、講談社からの発売です。
子供向けの一冊ですが大人も一緒に楽しめる本に仕上がっています。
大人もガイドとしてこの本を片手に沿線を歩くのも良いでしょう。
親子であればなおのこと楽しい1日となる事間違いなし。
藤沢駅を出発して鎌倉まで道中を案内しています。
10㎞と短い区間ですが結構いろんなシーンが現れて楽しませてくれることが分かります。
本屋さんでぜひ手に取り見て頂きたいと思います。

DSC_3715.jpg

DSC_3710.jpg

  1. 2020/04/06(月) 20:23:41|
  2. ご案内
  3. | コメント:2

アサヒカメラ2月号は鉄道特集!

DSC_3352.jpg

今月発売のアサヒカメラ2月号は鉄道特集です。
毎年恒例となっていますが今回はわが友人の登場です!
グラフとテキストに取り上げられているサトケンこと佐藤健さんです。
昨年もご案内させていただきましたが今回もドーンと出ました。
アサカメのグラビア登場はとても羨ましい限りです。
名だたる大御所に交じり出ています!
自分だったら1か月は毎日開いてにやにやしながら眺めているでしょう。
足しげく通っている江ノ電を活写したという6ページをぜひ見て頂けたらと思いご案内させていただきました。
氏にとって身近な江ノ電、通わないと見えない風景を写す事は出来ないぞと思わせてくれました。
テキストも6ページ書かれておりますので江ノ電だけでなく撮影の参考になると思いますのでご一読願いたいと思います。

DSC_3357.jpg


  1. 2020/02/06(木) 23:47:27|
  2. ご案内
  3. | コメント:2

横田國平写真集「雪里」

DSC_6112.jpg

昨日は柏崎在住で写真集を出版した横田國平さんの記念パーティーに出席してきました。
私とは同じ長岡市美術協会員で活動を共にしており、長岡市展、柏崎市展共に無鑑査の実力をお持ちです。
富士フイルムフォトサロンで来年写真展を開くことが決まり、ならば写真集も出版しよう、と言う事での運びとなった次第のようです。
氏の写真からは温もりが感じられ、風景写真では朝の霧や夕焼け、朝焼けがお決まりとなっていますが一寸違う感性にドキッとさせられてしまうところが多くありとても参考にさせていただいています。
私の好きな一枚、ツキヨタケの写真はドキモを抜かれた一枚で有りました。長野に近い森の中で動くとブレると言う事で30分ジッとして居たそうで執念の一枚です。
東京、大阪、名古屋と開催されますので是非訪れて見て頂きたいと思います。

東京展
富士フイルムフォトサロン 東京
令和2年1月17日~23日

大阪展
富士フイルムフォトサロン 大阪
令和2年3月6日~12日

新潟展
富士フォトギャラリー新潟
令和2年4月17日~30日

名古屋店
富士フィルムフォトサロン 名古屋
令和2年11月6日~12日

DSC_6123.jpg

DSC_6114.jpg

DSC_6118.jpg

DSC_6121.jpg
  1. 2019/11/25(月) 21:18:37|
  2. ご案内
  3. | コメント:0

沢田に看板が立ちました

115系 N-38+37 19.8.5 DSC_3528

看板 19.8.19 DSC_4944

ついに看板が立ちました。
マナーが悪い!と農家の人に言われていたようですがついに看板が昨日三か所に立ったそうです。
この界隈、立ち入り禁止にならないように気を付けて撮影したいと思います。
  1. 2019/08/19(月) 18:54:55|
  2. ご案内
  3. | コメント:0
次のページ

訪問カウンター

梨五郎

n249dd

Author:n249dd
好きな車両はEF58に始まり、蒸気全般、特雪、DD51、ボンネット車両など。写し始めて40年という節目なんで整理をかねて公開することにしました。
まだ撮り鉄全開!ですが気合の入る車両の少なさ、腹が出てきて好きな俯瞰も思うように成らず。線路端で編成を写すのが最近のパターンです。

月別アーカイブ

カテゴリ

磐西あの頃 (119)
信越本線 (136)
EF58 (123)
只見特雪 (5)
飯山線 (56)
米坂線 (19)
大糸線 (20)
未分類 (22)
EL (257)
DL (51)
蒸気機関車 (180)
懐かしのカメラたち (1)
鉄道書籍 (4)
トワイライト (51)
ボンネット (97)
EF510 (37)
485系 (95)
ご案内 (29)
EF81 (125)
電車 (362)
雪レ (91)
只見線 (100)
越後交通 (18)
秘境駅 (6)
キハ (47)
上越線 (66)
ローカル私鉄 (33)
客車 (4)
鉄道情景 (1)
貨車 (2)
機関区 (1)
羽越線 (3)
私鉄 (1)
行事 (1)
猪谷にて 1991/5/21 (0)
高山本線 (1)
山菜 (1)
廃村紀行 (3)
ローカル線 (3)

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR