新潟鉄道記Ⅱ

ED7151 金谷川にて

ED7151 後補機-03 金谷川
今日は飲み会の翌日でしたが早く起きれたので塚山に。
霧が無かったので俯瞰に行きましたが…着くと霧が漂い視界不良。
降りるには時間が無く諦めて通過を見送りました。ここではもう日が当たる写真を写す事は出来ないでしょうね。
陽射しタップリの臨時スジでは面白くないし、何回も写していますのでこの場所では終了ですね。雪景色の中写すチャンスが有れば別ですが。
と言う事で今日もED71で行きたいと思います。
南福島からは貨物に後補機が付きましたが全編成を入れて写せなかったのが残念です。
南福島寄りの大カーブではもう少しと言うところで入りませんでした。
この写真は下り線の場所からアオッて写しています。夕日を浴びてED75の貨物を51号機が押していきます。
  1. 2014/08/31(日) 09:52:07|
  2. EL
  3. | コメント:3
<<横川鉄道文化村 | ホーム | 9600 後藤寺線 1974/1/24>>

コメント

後期型はエアーフィルターの形状が、横に一列になったのでずいぶんおとなしくなった感がありますね。
ヘッドライトにもヒサシがついていたのは新しい発見でした。
ED71画像、本日もありがとうございます。

  1. 2014/08/31(日) 23:44:38 |
  2. URL |
  3. F649 #-
  4. [ 編集 ]

ED71は、私が小学生の時に見ていたカマです。
一次型はたんぼの田、二次型は一文字とあだ名でよんでいた記憶があります。
重連でク5000型の長編成貨物を引いていた姿がカッコよかったです。
  1. 2014/09/01(月) 11:16:50 |
  2. URL |
  3. ダイノ #-
  4. [ 編集 ]

F649さま
ヘッドライトのひさしがこの釜の生まれた時代を物語っています。
小さい車体、まさに東北の赤ベコというニックネームがピッタリの機関車でした。
当時交流機は好きな機関車でした。様々な形式が有りその地方に合わせた機関車が用意されていてそんな事も興味をそそられる一つでしたね。

ダイノさま
車積載のコキ、越河で何回か写しました。
田型のフイルターの方が古さを感じることが出来好きでしたね。
ブタ目でない好きな釜が入ると白河の先まで追いかけて行ったことも何度か有ります。この辺り、今は北斗星を撮影する人たちがわんさかと押し寄せているのでしょうね。
  1. 2014/09/01(月) 21:51:31 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

訪問カウンター

梨五郎

n249dd

Author:n249dd
好きな車両はEF58に始まり、蒸気全般、特雪、DD51、ボンネット車両など。写し始めて40年という節目なんで整理をかねて公開することにしました。
まだ撮り鉄全開!ですが気合の入る車両の少なさ、腹が出てきて好きな俯瞰も思うように成らず。線路端で編成を写すのが最近のパターンです。

月別アーカイブ

カテゴリ

磐西あの頃 (73)
信越本線 (58)
EF58 (65)
只見特雪 (2)
飯山線 (40)
米坂線 (10)
大糸線 (9)
未分類 (20)
EL (138)
DL (24)
蒸気機関車 (97)
懐かしのカメラたち (0)
鉄道書籍 (4)
トワイライト (44)
ボンネット (53)
EF510 (18)
485系 (79)
ご案内 (14)
EF81 (77)
電車 (144)
雪レ (52)
只見線 (38)
越後交通 (11)
秘境駅 (4)
キハ (15)
上越線 (39)
ローカル私鉄 (10)
客車 (3)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR