新潟鉄道記Ⅱ

磐西あの頃-151

DD51馬下ススキ95.9.21
223レと光るススキ。馬下にて 1995/9/21

今日は会食があり、只今終了。
鉄は朝しただけでした。
羽越は583有り、655有りで賑やかだったようです。行きたかったな!
今日は久し振りに磐西で更新です。
50系最後の年、9月はススキで攻めてみました。
日ごろはとにかく高い所からの撮影に終始し、たまには接近戦で行くか、と思った次第です。
してみると結構撮影する題材には事欠きません。
223レ、津川辺りからでも3発くらいは写せました。
今より沿線は綺麗で邪魔な木も無くて撮影はしやすかったです。
最後の年は行った日をカレンダーに印をつけています。
11月が終わり数えたら90数回行っていました。
自分の中で磐西が最も熱かった一年でした。
  1. 2016/09/04(日) 19:10:54|
  2. 磐西あの頃
  3. | コメント:4
<<ED781.901 福島機関区にて 1982/1 | ホーム | 白鳥 桑川にて 2000/7/30>>

コメント

レッドトレイン

90回ですか?すごすぎです。
私も50系客車がなくなる寸前よく写しに行きました。
ある時、新津駅ホームでサイドのナンバープレートを撮っていたら運転士に「何撮ってんだよ、許可証あんのかよ」といちゃもんをつけられた事を思い出しました。大きな業務用ビデオで撮っていたせいだと思いますが、肝を冷やしました。
「顔は撮ってない」と言って、その場はなんとか収まりましたがなんとも後味が悪かった事を覚えています。
旧型客車が走っていた頃撮影したかったです。
  1. 2016/09/04(日) 22:07:33 |
  2. URL |
  3. つるぎ #eAjdDaAA
  4. [ 編集 ]

梨五郎さんのすすきの代表作は、ダイヤ情報に掲載された野分けですね。
あの野分けに並ぶ作品が撮れるよう精進してまいりたいと思います。
  1. 2016/09/04(日) 22:56:22 |
  2. URL |
  3. ダイノ #-
  4. [ 編集 ]

つるぎさま
旧客が無くなる時50系は当分走る、と思っていましたが意外と寿命は短く残念でした。機関車の時代が終わりを告げようとしていたのも大きかったのでしょう。
最後の客車でSGを吹き上げた姿も記録でき今思うと良かったと思います。
私は言われたような事は無かったです。今だとJRに申請しないと販売等は出来ないのも時代の流れですね。30年前では考えられない事です。
  1. 2016/09/05(月) 21:08:28 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

ダイノさま
「野わけ」、あの写真は私も気に入っていました。
このススキの田んぼと同じところで撮影しています。
同じダイヤ情報にもう一枚雨の中のススキの奥にDD51のライトが見える写真も採用されています。その一枚も気に入っていた一枚です。
ポールも無く、架線も無い。磐越西線は邪魔なものが少なく、自由に撮影出来る環境でした。
行く度に新しいイメージが湧いてきて泉のような路線でしたね。
  1. 2016/09/05(月) 21:15:52 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

訪問カウンター

梨五郎

n249dd

Author:n249dd
好きな車両はEF58に始まり、蒸気全般、特雪、DD51、ボンネット車両など。写し始めて40年という節目なんで整理をかねて公開することにしました。
まだ撮り鉄全開!ですが気合の入る車両の少なさ、腹が出てきて好きな俯瞰も思うように成らず。線路端で編成を写すのが最近のパターンです。

月別アーカイブ

カテゴリ

磐西あの頃 (72)
信越本線 (57)
EF58 (62)
只見特雪 (2)
飯山線 (39)
米坂線 (10)
大糸線 (9)
未分類 (19)
EL (133)
DL (24)
蒸気機関車 (95)
懐かしのカメラたち (0)
鉄道書籍 (4)
トワイライト (43)
ボンネット (49)
EF510 (18)
485系 (78)
ご案内 (14)
EF81 (76)
電車 (139)
雪レ (50)
只見線 (37)
越後交通 (11)
秘境駅 (4)
キハ (14)
上越線 (39)
ローカル私鉄 (10)
客車 (3)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR