新潟鉄道記Ⅱ

EF16水上発車 1980/7/20

EF1623+1577.25 水上 80.7.20

水上を発車するEF1623+EF1577の貨物。
回送のDE10が付いている。
脇には次の貨物の補機?のEF16が待機している。
  1. 2016/12/13(火) 23:04:13|
  2. EL
  3. | コメント:8
<<京阪100年号 1976/9/4 | ホーム | EF81トワイライトEXP 2014/10/9>>

コメント

16の補機見たかったです

日常の水上での光景だったのでしょうが、一度も見たことがありません。
後年、D51が復活した時には、641000が倉の中にいたのを見ただけです。
EF16見たかったです。
ちなみに、この年の3月就職のため上京しました。
急行「よねやま」に乗っていきました。が、進行方向左側に座っていたため機関区は見ていません。
返す返すも残念。
  1. 2016/12/14(水) 18:42:11 |
  2. URL |
  3. つるぎ #eAjdDaAA
  4. [ 編集 ]

つるぎさま
私も水上には余り行く事は無かったです。
やはり三国峠と言う難所が有り、車で行くには大変でした。
ここで補機のEF16を付けた北陸、能登、天の川、鳥海なども見ておきたかったです。
行く時は石打で撮影していました。上下あわせると8本の寝台が撮影出来、その他には貨物、荷物列車等も有り休む暇は有りませんでした。
今の石打を見るとガランとした構内、誰も居ない状況を見るとあの頃が夢のようです。
数日前先輩の所で当時録音したカセットをCDにダビングして貰いました。まだ何とかダメになっておらず当時の音が記録されていました。一緒に写した8mmは暗すぎて真っ黒。ライトだけが写っていました。
実家の部屋の後ろには切り通しの信越線が走っていて、EF58 の単機を録音したのは今でも素晴らしい音と自負しております。深夜先台車を鳴らして高速で通過していく旧型電機の素晴らしい音。10軸の通過音は最高です!
  1. 2016/12/14(水) 19:33:43 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

EF58の録音

えー、それ是非聞かせていただきたいものです。
何とかお願いします。
EF58のジョイント音は独特ですよね。
  1. 2016/12/14(水) 22:31:29 |
  2. URL |
  3. パンダの運転手 #-
  4. [ 編集 ]

足回りの砂箱の数、大きいパンタグラフ、旧型電機の無骨さが堪らないですね。

EF16は辛うじて全機撮影できました。
技量が伴っていれば、もう少しまともな写真が残せていたのでしょうが、今となってはどうすることもできませんね。

しかしながら構内出口でこの高低差、恐るべし上越国境。今更ながらそう思います。

  1. 2016/12/14(水) 23:55:46 |
  2. URL |
  3. F649 #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは!凄い写真取っておりますね!

飯山線では大変お世話になりました。しかし私のSL撮影人生を終了していた時に凄い写真を梨五郎さんは撮っていたのですね!!。
  1. 2016/12/15(木) 21:13:43 |
  2. URL |
  3. 汽車遺産 #-
  4. [ 編集 ]

パンダの運転手さま
新年会で来る事が出来たらお聞き願いたいと思います。
ヤフーのオークションで録音したCDを売っている方が居て、何枚か購入しています。その中に上野発夜行急行と言うのがあり南浦和辺りで録音した通過音が入っています。スピードが余り無く、ちょっと期待した物とは違いましたが、貴重な音源と成っています。
出来る事ならガード下のポイントを高速で通過していくEF58や57の音が聞きたいですね。
  1. 2016/12/16(金) 20:41:03 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

F649さま
いい写真が残せなかったのはみんな同じです。
思い出だけは残せたので良しとしましょう。
まあ、現役の時代を見た、それだけは貴重な思い出です。
プレスアイゼンバーンから上越線を行く列車と言う本も出ていますし、当時それだけ人気の有った路線でした。車両がとにかく様々で魅力が有りました。国境の辺りでDD53の特雪を見る機会が無かったのがちょっと残念でした。
  1. 2016/12/16(金) 20:46:05 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

汽車遺産さま
減益の蒸気が無くなり何を写すのか?と思案した時代も有りました。背中を押してくれたのが交友社で出した「電気機関車快走!」と言う本でした。
この本を片手に撮影地に向った人も多いと思います。この本はボロボロになるまで使い、その後古本で綺麗な一冊を過って保存して有ります。
蒸気でなくても線路端で列車を写したい。鉄道写真が好きだったんだと思います。
20台前半、上越線で撮影している時に楽しそうにスキーをしている人たち。同じ世代の人が女の子とスキーを楽しんでいる。自分は雪降る線路端で列車の時間まで耐えている。何が楽しいのか?ちょっと考えた頃も有りましたが今迄ずっと続けて来て良かったと思っています。
上越線からときが消えた年にちょっと鉄から間を置き同世代と同じ事をして過ごしています。
  1. 2016/12/16(金) 20:55:59 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

訪問カウンター

梨五郎

n249dd

Author:n249dd
好きな車両はEF58に始まり、蒸気全般、特雪、DD51、ボンネット車両など。写し始めて40年という節目なんで整理をかねて公開することにしました。
まだ撮り鉄全開!ですが気合の入る車両の少なさ、腹が出てきて好きな俯瞰も思うように成らず。線路端で編成を写すのが最近のパターンです。

月別アーカイブ

カテゴリ

磐西あの頃 (79)
信越本線 (64)
EF58 (68)
只見特雪 (2)
飯山線 (41)
米坂線 (11)
大糸線 (10)
未分類 (21)
EL (150)
DL (27)
蒸気機関車 (107)
懐かしのカメラたち (0)
鉄道書籍 (4)
トワイライト (44)
ボンネット (57)
EF510 (19)
485系 (80)
ご案内 (14)
EF81 (79)
電車 (169)
雪レ (57)
只見線 (43)
越後交通 (11)
秘境駅 (4)
キハ (17)
上越線 (39)
ローカル私鉄 (11)
客車 (3)
鉄道情景 (0)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR