新潟鉄道記Ⅱ

冬の田子倉 2003/3/9

キハ冬の田子倉俯瞰 03.3.9
PENTAX645 55mm RDP
DD14の返しを写す為に登った俯瞰ポイント。キハもついでにパチリ。向かいの山で雪崩が有り、物凄い轟音が聞こえる。
湖は冬枯れで細い流れの跡が見えるだけ。冬の田子倉は想像を絶する姿であった。

雪レのイベントの時に行った田子倉。
田子倉でラッセル、DD14を写したいと思っていたが既に駅は冬季間は停まらないようになっていて、歩いて行くしかなかった。
新潟側から行くには朝一番の始発で行き、その後は友人の車に便乗し田子倉ダムの下からは徒歩で田子倉を目指す。
カンジキで行く覚悟でいたが、通行止めのところは雪山になっていたが、その先は除雪車が入っていてラッキーと思った。
カンジキを履かずに歩ける雪の量でダムの所までは1時間で、その後は雪も増えていきちょっと難儀であった。
時間が有れば何処までも行けると思っていたが、さすがに体力の限界がみえてこれ以上は無理、カンジキで下から行くのであれば無理な距離と分った。この時はラッキーであったとつくづく思う。
回送の姿に近かったがラッセルとDD14を写して満足の帰宅と成った。返しのキハの中で飲んだビールの味は一生忘れません。
  1. 2017/02/06(月) 23:54:46|
  2. 只見線
  3. | コメント:2
<<485系 R編成 | ホーム | 115系 N-3編成 越後線>>

コメント

この写真はすごいです。通行止区間を田子倉駅まで歩いただけでなく俯瞰ポイントまで登るとは想像を絶します。写真の出来も努力が報われるだけのものがありますね。素晴らしい。
  1. 2017/02/07(火) 20:35:52 |
  2. URL |
  3. シマキチ #-
  4. [ 編集 ]

シマキチさま
コメントありがとうございます。
3月とはいえ、まだ冬の田子倉でした。
俯瞰は何回も行っていた所でしたが、雪崩が怖いので林に成っているところを探して遠回りして登っています。後ろを見ると夏場は湖と成っていますが、この時は細い流れが蛇行して続いていました。
見た事の無い景色を見たい!これから何箇所見る事が出来るでしょうか。
  1. 2017/02/08(水) 22:21:33 |
  2. URL |
  3. 梨五郎 #kBqHe.O6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

訪問カウンター

梨五郎

n249dd

Author:n249dd
好きな車両はEF58に始まり、蒸気全般、特雪、DD51、ボンネット車両など。写し始めて40年という節目なんで整理をかねて公開することにしました。
まだ撮り鉄全開!ですが気合の入る車両の少なさ、腹が出てきて好きな俯瞰も思うように成らず。線路端で編成を写すのが最近のパターンです。

月別アーカイブ

カテゴリ

磐西あの頃 (79)
信越本線 (64)
EF58 (68)
只見特雪 (2)
飯山線 (41)
米坂線 (11)
大糸線 (10)
未分類 (21)
EL (150)
DL (27)
蒸気機関車 (107)
懐かしのカメラたち (0)
鉄道書籍 (4)
トワイライト (44)
ボンネット (57)
EF510 (19)
485系 (80)
ご案内 (14)
EF81 (79)
電車 (169)
雪レ (57)
只見線 (43)
越後交通 (11)
秘境駅 (4)
キハ (17)
上越線 (39)
ローカル私鉄 (11)
客車 (3)
鉄道情景 (0)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR